FC2ブログ
 

2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒石つゆ焼きそばはつゆだく?





何気に青森もB級グルメ王国だったりしますが、アイディアがすばらしいですね。


つゆ焼きそばと黒石そばが合体したような「黒石つゆやきそば」も、ネギトロととろろを合体させて「ネギトロとろ丼」みたいなアイディアB級グルメ食品です。


自慢のつゆは甘辛いソースで、太平麺のそば、最後にたっぷりのあげ玉とネギを盛りつけて完成です。


つゆヤキソバンというキャラクターも登場したというから、GWは青森に足を運ぶのも一興かも。


話題のB級グルメ『黒石つゆやきそば』お店の味をそのままお届けします!



スポンサーサイト

あいがけ神代カレーは2種類のカレーが楽しめる





日本人でカレーが嫌いという人は、某元プロ野球選手くらいしか知りませんが、それほどカレー好きの国民であることは間違いないところです。


そうなると2種類のカレーが楽しめるとなると、日本人のDNAが騒ぎ出します。


そんな夢のコラボカレーが秋田県のB級グルメ「あいがけ神代カレー」です。一言で言ってしまえば昔風のカレーと現代風のカレーをひと皿に盛りつけ、ご飯を添えたものということになるのですが、これが実に奥が深いのです。


なんでも秋田県の神代地区では、古くからフライパンで少量のカレー粉をたくさんの小麦粉とそれぞれ練り合わせ、カレーのルゥを作っていたというから筋金入りです。

秋田B級グルメあいがけ神代カレー


各務原キムチ鍋はニンジン入り辛さ控えめ




各務原と書いて「かかみがはら」と読むのですが、この地に本場韓国にも負けない美味いキムチがあります。


B1グランプリでその名を轟かせた各務原キムチ(鍋)です。元々ニンジンが特産だったので、各務原キムチにもニンジン配合です。


各務原キムチのイメージキャラクターは「キムぴー」(キム兄の親戚だっか?( ̄▽ ̄;))で、イメージソングは「キムチの気持ち」だそうです。しかも「恋するキムチ」というドラマまで作ってしまったようで、ダジャレ好きの県民性のようです( ̄▽ ̄;)マジカヨ!

で、肝心の各務原キムチ鍋ですが、辛さ控えめで食べやすいそうです(私はまだ食べたことない)。


食べやすさ抜群!一度食べたらくせになる!B1グルメでおなじみ!◆さっぱりな和風 あっさり各務原キムチ



浜松餃子は日本一?





日本で一番最初に餃子を食べたのは水戸黄門様だそうですが、餃子と言って思い浮かべるのは私の場合宇都宮ですね。


ところが餃子の消費量は栃木県より、B級グルメ王国でもある静岡県が多いのだそうです。意外ですね(餃子パンまであるらしい)。


その静岡県にあって有名なのが、浜松餃子です。浜松市には餃子専門店が80店も軒を連ねるそうですから、最早宇都宮以上かも知れませんね。


たっぷりと使ったキャベツの甘味が特徴で、薄い塩味で軽く茹でたモヤシを添えるのが独特のスタイルなんだとか。浜松行ったら、今度はうなぎより餃子ですね。


浜松餃子認定の浜松餃子



とうふちくわで質素倹約ダイエット?




鳥取東部を代表するB級グルメと言えば「とうふちくわ」です。


何でも鳥取城主の池田さん(友達か!)が、質素倹約を庶民に求めるために、木綿豆腐と魚肉をすりあわせたB級グルメだったとか。


第1回のB1グランプリでは7位に入ったのですが、残念ながら知名度はもうひとつのようで、私は全く知りませんでした(ただ単に私が無知なだけ?)。


ただカロリー低いしダイエットには良さそうですね。


鳥取郷土料理「とうふちくわ」


浜焼き鯖は若狭湾で取れた鯖で





焼きそばはB級グルメの定番ですが、焼きさば(^_^;)は福井県の若狭だけではないでしょうか?


福井県若狭地方では浜焼き鯖として、腐りやすい鯖を京都に送ったのが始まりだそうです。


作り方はシンプルで、鯖を竹に刺して焼く、ひたすら焼く(15~20分)・・・それだけです(^_^;)ただ鯖であればなんでも良いわけではなく、若狭湾で水揚げされた新鮮な鯖でなければ浜焼き鯖ではないのです。


『おとなの週末』にも掲載された浜焼き鯖


静岡おでんは黒いつゆ




B級グルメ王国静岡の2度目の登場は「静岡おでん」です。


某キ◯ンビールのCMで全国的に「静岡おでん」が広まったそうですが、特徴はだし粉(イワシの削り節や鰹節、青海苔など)をかけて竹串に挿したおでんを食することです。


静岡おでんといえば、つゆが黒いですが、これは濃口醤油と鶏ガラまたは牛すじをだしに使ったことと、長年継ぎ足した秘伝のつゆだとか。


おでんは地方によって色々な味があり、奥が深いですね。


そういえば最近見たテレビで、関西の人はおでんの具にちくわぶを入れないと聞いて驚きました。ちくわぶのないおでんは、クリープを入れないコーヒーみたい(ブラックしか飲まないですが(^_^;))なもので、私にとってはおでんじゃないんですけど┐('~`;)┌


まっ黒のスープ、じっくり味がしみこんだ牛スジ入り静岡おでん


八戸せんべい汁は歴史あるB級グルメ



青森県のB級グルメと言えば「せんべい汁」と思われる方が多いと思いますが、その歴史は古く天保年間に遡るそうです。ぽっと出のB級グルメとはわけが違います(^_^;)


何でも最近で青森県内だけではなく、東京や神奈川でもせんべい汁を出すお店があるそうですから、B級グルメでありつつも郷土料理と言っても過言ではないかも知れません。


本場(?)のせんべい汁は醤油ベースに、鶏や豚の煮汁で具材(ネギ、ごぼう、きのこ等)をせんべいと共に煮立てて作ります。


肝心のせんべい汁用のせんべいは、せんべい汁の具にすることを前提に焼き上げた「かやき煎餅(おつゆ煎餅・鍋用煎餅)」を使用します。煮立てるとすいとんのような食感になります。



せんべいを汁に入れようなんて発想がすごいですね。最初に考えた人は天才だぁ(^_^;)



B級グルメ八戸せんべい汁用煎餅お取り寄せ!全国の鍋料理の専用おつゆ煎餅です♪いろんな鍋に割って入れるだけ

横手やきそばと目玉焼きの絶妙のハーモニー





横手と言えばかまくらだけではありません。B1グランプリにも輝いた「横手やきそば」がB級グルメファンにはお馴染みです。


横手やきそばの特徴はやはり目玉焼きで、目玉焼きの黄身を崩して出汁入りのウースターソースと絡めて食べるのが通です。


中にはだったら目玉焼きと焼きそば頼めばいいじゃん!という向きもありますが、焼きそばのソースと黄身が混ざって絶妙のハーモニー^^;を生み出すのがB級グルメファンには堪らないのです(^q^)


B級グルメ横手焼きそば3食麺とソース

富士宮やきそばは静岡のB級グルメの決定版





B級グルメというと真っ先に思い浮かべるのが、B級グルメグランプリB1の第1回目と2回目にグランプリを獲得した(第3回は特別賞)を獲得した「富士宮やきそば」という方が多いのではないでしょうか?


富士宮やきそばファンを魅了する秘密は、富士宮やきそば専用の麺(蒸し麺)を使用することと、油かす(地元では「肉かす」と呼ぶそうな)を使用すること、それに削り粉を仕上げにふりかける3点だそうです。


また店によっては、駿河湾の名産でも桜えびを入れる所もあるようです。


富士宮やきそばがきっかけでB1グランプリで、焼きそばブームを巻き起こしたと言っても過言ではありません。


静岡ご当地B級グルメの決定版!本場!富士宮やきそば 10食セット




婚活ならパートナーエージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。